合宿免許所と自動車学校の違い

夏休みや春休みを利用して、免許を取得したいと考えている方も多いのではないでしょうか。免許を取得するには合宿免許所や自動車学校などで取得する方法があります。合宿免許所では宿泊施設に滞在して短期集中型で教習が受けられますが、自動車学校では自分のライフスタイルに合わせて通学して教習を受けるスタイルであると言うことが、合宿免許所と自動車学校の違いです。合宿免許のメリットは、教習所の予約や通学の手間がかからずに、短期間で自動車免許が取得できることです。お得な割引キャンペーンを利用して安く受講することもできます。また、友人と一緒に参加できたり現地で友人ができることもあるので寂しくありません。合宿免許のデメリットは、合宿免許所までの往復交通費が発生することと、補習時に追加費用がかかるケースもあることです。本免許学科試験は住民票のある都道府県で受けなければならないことも要注意です。合宿免許先の選び方で注意することは、宿泊施設の立地や設備だけではなく、交通費や食費なども確認しておく必要があります。交通費では出発駅から合宿免許所までの交通費は支給されることが多いですが、推奨外のルートなどを使用した場合は支給対象外になることもあるので注意が必要です。合宿免許の費用が食費込みなのかどうかも確認が必要なポイントです。食費込みではない場合、別途毎日3食分の食費を払うのは大変です。また、万が一決められた期間で卒業できず補習することになった場合、延泊の費用はどうなるのか、申し込む前に確認しておくと安心です。「卒業まで保証」と記載がある場合は、補習・延泊ともに追加料金が発生しないことがほとんどですが、念のために確認しておくと良いでしょう。免許取得までの流れは、一般的な自動車学校と同じ流れになります。入校手続きを終えると合宿所の説明と適性検査が実施され、検査結果に基づいてアドバイスを受けることができます。カリキュラムは基本的に自動車学校で行うものと同様で、学科教習と技能教習があります。最終段階として適性検査・学科試験が課せられ、合格した時点で免許取得になります。ただし、本免許学科試験は住民票のある都道府県で受ける必要があります。普通免許取得まではおよそ13〜18日程度かかり、金額の目安としては16〜25万円程度になります。様々な観点から自分にあったところを探すことで、満足できる免許取得をすることができます。時間の制約がある社会人や学生には合宿免許がおすすめです。
Copyright(c) 2015 東日本合宿免許攻略 All Rights Reserved.